店舗開発  『店舗開発専門サイト』 一般に公開されない希少物件をご紹介します!!    

出店戦略

出店戦略立案業務

最初に戦略ありき! その戦略に基づいて営業(PR)活動。

戦略とは

 競争激化、格差拡大、弱肉強食の厳しいサバイバルレースが続く現代社会で待ちのビジネスで何が得られるのでしょうか?
 ポジティブシンキングの発想が必要ではないでしょうか?

貴社のお店の現在のポジションをよく考えてください。

店のポジションを考える 超有名ブランドのお店なら待っていても結構です。
ショッピングセンターや百貨店、駅ビルあるいは一等地の オーナーからぜひ出店して欲しいと言って良い場所が用意されます。
 何故なら、貴社のお店が世の中の隅々まで名前が知れ渡っていて、消費者の信頼を得ているブランドだからです。
当然ショッピングセンターや駅ビル、百貨店などを運営しているデベロッパーにとって大勢のお客様を集める集客の目玉になるからです。
 商売はまずお客様に来ていただかないと始まりません。
そのお客様を集めるにはそのSC(=郊外型ショッピングセンター、駅ビル、ファッションビル、百貨店、総合スーパー等
商業施設をひとくくりにして【SC】という形に省略します。)のロケーションもさることながら
お客様にとって魅力のあるお店があることが一番重要です。ですから集客力のある人気のお店を誘致するのです。
 さて、貴社のお店はどうですか?
ほとんどのお店が未だ知名度も低く、これからもっと大勢の人に認知してもらって
信頼のブランドに育てたいと
お考えになっておられませんか。

               ならばどうするべきか!

具体的な戦略 そう、積極的に攻めないと良い出店場所は得られません。しかし、だからといって闇雲に動いても良い結果が得られるでしょうか?
 街にも大人の集まる街、若者が集まる街があるように、SCも大人をターゲットにした店作り、
若者をターゲットにした店作り、
更にもっと絞り込んで20代前半の女性をターゲットのSC等、
狙いをはっきりした専門店の集合体になったSCも増えてきました。
 これはライフスタイルが多様化し、消費者の目が肥えて、より個性的になったため、そのニーズに応えるため、SCもどんどん変化しているのです。
そうなると闇雲に出店していると空回りばかりです。
 そこで具体的な戦略が必要になってくるのです。
一般的に企業経営戦略の中には中・長期の経営計画、戦略があり、それに基づいて会社が経営されていますが、
それが机上の空論であってはいけません、
その計画を実現するために戦略を立案し、実行することが重要です。
飲食、小売、サービス等の店舗を構える商売では出店戦略の立案と実行が重要になってきます。

























我々はどんな人をターゲットに商売しているのか?

まずそこでマーケット調査が始まります。そこで調査してみて初めてどこに出店すれば良いのかがわかります。
更にその出店候補地の中から、いかに店舗運営管理上どこに出店すれば効率が良くて知名度が上がるのかが見えてきます。
ここで、その戦略を実現するための営業活動が始まり、より良い成果を上げるための戦術を活用することになります。
今までの流れを図式化すると以下のようになります。






出店戦略


←SLRWによる
←戦略アドバイス







←SLRWによる
←戦略アドバイス




以上のような流れになります。
 貴社の中に既に店舗開発部や経営戦略室などのセクションがあるならば、当然のように専門職の人材がいて一連の流れがこなせると思います。
しかし、多くの会社は実際の店舗を運営することによって会社が成り立っているわけですから、
社内的にラインとなるその部門に人材を投入することに重点が置かれています。
 それに比べて直接売上につながらないスタッフ部門にはなかなか人材も資金も投入できないのが現実だと思います。
特に専門的な仕事になってくると専門的な人材が必要でそれなりの人件費も必要になってきます。
 そこで考えられるのが『アウトソーシング』です。
 低コストで結果を出すには「雇用」という形ではなく、外部スタッフや外部機関の活用です。  ⇒※東京に進出するには

 

我々【Store Location Research Works】を運営する合同会社ネオ・フロンティアでは
貴社の
経営戦略に基づいて出店戦略を立案し、マーケット調査を行い、
現在の状況に応じた戦術を駆使して貴社の出店実現
のお手伝いをいたします。


Copyright(C) Neo Flontier LLC2003 All Rights Reserved

 |